スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道

スポンサーリンク

2008年05月28日

松坂故障か、突然の降板 イチローとの今季初対決は2打数2安打

米大リーグ・レッドソックスの松坂大輔は27日、イチローのマリナーズ戦に先発し5回のマウンドに上がったところで突如マウンドを降りた。3回にベースカバーの際、飛びついて送球を取ろうとした場面もあり、なんらかのトラブルが起きたとみられる。
今季初となるイチローとの対戦はイチローが二塁打と単打を放ち2打数2安打で、松坂はイチローの3打席目の直前で無念の降板となった。
 今季無傷の8連勝でマウンドに上がった松坂は一回裏、一番打者として登場したイチローに対し初球、2球目と外角の速球で勝負。2ストライクと追い込んだが、同じ外角の速球で勝負にいった3球目をイチローが三塁線を抜く見事な流し打ちで二塁打とした。松坂は、この回2安打で2点を失う。
 イチローは三回も先頭打者で打席に立ち、2球目のスライダーをセンター前へ鋭く運び出塁。すかさず今季22個目となる2盗を決めて松坂を揺さぶると、その後のエラーと内野ゴロの間にホームを踏み、3−0とリードを奪った。
 松坂は四回まで被安打4、3失点、無四死球だった。

松坂大輔(まつざか・だいすけ)
所属 ボストン・レッドソックス(アメリカンリーグ東地区)
ポジション・背番号 投手
生年月日、年齢、年数 1980年9月13日、28歳=2年目
出身 東京
身長・体重・投打、血液型 1m82・85kg、右右、O
経歴 横浜−西武
ドラフト 98年(1)
甲子園出場 98年春、夏優勝
アマ時代の戦歴 初の春夏甲子園連覇で国体Vの3冠。夏は決勝でノーヒットノーラン
個人タイトル 99年新人王、03,04年最優秀防御率、99〜01年最多勝利、00,01,03,05年最多奪三振、99〜01年ベストナイン、99〜01、03〜06年ゴールデングラブ賞、01年沢村賞
入団時の契約金と年俸 10000、1300
今季の年棒 6年総額6400万ドル(約74億8800万円)で、今季は年俸600万ドル(約7億円)

イチロー

Sony Card(ソニーファイナンス)
posted by モンチャン at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我那覇の訴え認める!

サッカー元日本代表でJ1川崎のFW我那覇和樹(27)がJリーグから受けたドーピング禁止規定違反の処分取り消しを求めた問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS、本部スイス・ローザンヌ)は27日、我那覇の訴えを全面的に認める裁定を下した。


 「我那覇の行為はいかなる制裁にも値しない」と結論づけ、Jリーグに対し、我那覇が受けた6試合出場停止処分の取り消しと、我那覇側の弁護士費用などのうち2万ドル(約206万円)の支払いを求めた。今回の裁定は最終決定となる。


 我那覇は昨年4月の練習後に体調不良を訴え、チームドクター(当時)から生理食塩水とビタミンB1の点滴(静脈注射)を受けた。CASは、医師の判断で施した点滴を「正当な医療行為」と認め、「点滴は必要なく、12〜24時間何もしないで待つべきだった」とするJリーグ側の主張を退けた。


 Jリーグが判断基準の参考にしていた世界反ドーピング機関(WADA)の07年当時の規定では、静脈注射は禁止薬物の有無にかかわらず「正当な医療行為を除き禁止」と定めていた。先月30日から東京都内で行われた非公開の聴聞会では、「正当な医療行為」に該当するかどうかが争点となり、医学的な見地から両者の主張が対立していた。


 この問題で我那覇は既に6試合の出場停止を終え、川崎は1000万円の制裁金を科された。また当時のチームドクターは昨年11月に辞任した。


 我那覇、Jリーグは28日にそれぞれ会見する予定。


 ◇CAS裁定の要旨は次の通り(弁護団資料やCASホームページなどから)。


 ・6試合の出場停止処分を取り消す。


 ・Jリーグは申立人が負担した弁護士などの費用のうち2万ドルを支払う。


 ・我那覇は下痢、脱水症状で経口摂取が困難であり、他に有効な治療はなかった。


 ・我那覇にはいかなる制裁も科されるべき事案はなく、違反があったかどうか判断する必要すらない。


 ・Jリーグの規定では、すべての違反に制裁を科す義務はなかった。


 ・Jリーグの規定は、「正当な医療行為」かどうかを決める詳細な条件が明確ではなかった。


 ▽日本サッカー協会・川淵三郎会長 我那覇の名誉が回復されたことはよかったと思う。ただ、その行為が違法だったのか、どうか。何がどう悪かったのかには触れられていない。そのため焦点がずれて違和感のある回答となった。納得しづらい内容になってしまったと思う。


 ◇我那覇「いい方向に結果が出て良かった」


 我那覇は川崎市内でチーム練習に参加した後、「いい方向に結果が出て良かった。これまでやって来て良かった。長く苦しい道のりだったが、周りの人のサポートや支援でここまで来た」とほっとした様子を見せた。


 ただ裁定の詳細はまだ聞いていない様子で、「弁護士を通して中身を聞いた上で、何らかの形でコメントしたい」と慎重に言葉を選んだ。


 川崎の武田信平社長は「(制裁金1000万円は)返還されると思う。28日のJリーグの会見を待ち、話し合いをする」と話した。我那覇の6試合出場停止処分については「(既に処分を終えているので)取り戻すことは考えられない」と困惑しながらも、クラブとして何ができるかを検討する姿勢を示した。


 また、「歯を食いしばってよく乗り越えたし、彼を支えてくれた多くの皆様に感謝しなければならないと思う。問題に決着が着いたことで、よりいっそうプレーに集中できると思う」との談話を発表した。


 一方、Jリーグは「コメントできない」と話した。【江連能弘】


 ◇スポーツ仲裁裁判所(CAS)


 1984年、スポーツ問題の解決を目的に国際オリンピック委員会(IOC)が中心となりスイスに設立。今月16日に出した裁定では、義足の南アフリカの選手に、健常者のレースへの出場を認めた。スポーツの専門家や法律家が仲裁人に指名され、今回は小寺彰東大大学院教授、00年シドニー五輪の競泳代表に漏れて訴えた千葉すず選手の時も仲裁人となったハンス・ナター(スイス)、マルコム・ホームズ(豪州)の3人が務めた。


我那覇 和樹(がなは・かずき)
所属 川崎フロンターレ
ポジション FW
生年月日、1980年9月26日 
出身 沖縄
サイズ 身長1m82、体重 76kg
利き足 右
経歴(数字は入団年) 宜野湾−99川崎F
血液型 O
趣味 ドライブ


DVD 川崎フロンターレ 2007 シーズンレビュー
posted by モンチャン at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

日本が大会連覇!!

サッカー日本代表キリンカップ連覇

日本代表 0 - 0 パラグアイ代表

キリンカップ最終日パラグアイ戦の後半、フリーキックをける中村俊(右)。日本はパラグアイと0−0で引き分け、1勝1分けの勝ち点4で2年連続9度目の優勝を果たした(27日、埼玉スタジアム)


●中村俊輔選手(セルティック):
「ボールは回っていたけど、3人目の動きが足りなかった。前半はある程度形を作れてはいたけど、後半は前でつかれることが多かった。2歩、3歩で取られるよりはまわしたほうが良かった。個人の判断だったと思う。フォーメーションについては特に監督からは何も言われていないけど、左でボールを持った時に止まらないで欲しい、というくらいかな。ワントップだから、タテパスが入らないと。選手の特徴を見ながら。松井とかは何回も呼ばれているわけじゃないし。横パスが入った時にドリブルという松井や山瀬の良さが生きてくるんだろうけど、無理するところじゃない五分五分のところで無理をしてしまっていた。自分でやるんなら、周りに合わせたほうが良かったのではないかな。体を当てて、ボールを落としてサイドチェンジのほうが良かったんじゃないかな。形にこだわりすぎるのはよくない。勝つためのプレーをやるべきだと思う」

●ヘラルド・マルティノ監督(パラグアイ代表):

「今日の展開は前回のコートジボワール戦と同じだったと思う。前半25分については全然手も足も出なくて、それ以降に均衡した試合になったと思う。しかしその段階においても、なかなか自分たちのプレーをさせてもらえなかった。後半にはいるとチャンスも作れたが、点に結びつかなかった。全般を振り返ると引き分けで当然の試合だったと思う」

Q:前回のコートジボワール戦と同じになったということだが、それはパラグアイ側が意図したのか、流れでそうなってしまったのか?
「自分たちが意図したというよりも、状況によって同じような展開になったといえる。自分たちはリカバーをうまくできなかったし、日本は正確なのプレーをしていたし、スピードが速かった。そういう意味で、前半25分間は自分たちの力をだせなかった。

反対に、日本がその25分を十分に活かしていたらゴールを決められていたと思う。25分が過ぎた後で自分たちのプレーはさせてもらえなかったものの、ある程度力が均衡した試合になった。自分たちとしてはDFの部分で有利に働いたと思うし、セットプレーでもいい場面があった。後半、日本はスピードを失い、前半に比べて正確性を失っていたと思う。我々はかなり相手のエリアでプレーできていたと思う」

Q:前半まったく手が出なかったといっていたが、前後半での日本の印象は違ったか?
「日本は前半後半まったく違うチームのようだった。それがパラグアイのプレーによる影響なのかはよくわからない。もしかしたら、日本自身がレベルを下げてしまったのかもという印象も持っている。いずれにしても前半はスピードにあふれていたし、正確なプレー、オフェンシブなプレーができていたように思う」

中村俊輔(なかむらしゅんすけ)
所属 セルティック(スコットランドリーグ)
ポジション MF
生年月日 1978年6月24日
出身 神奈川県横浜市
サイズ 身長1メートル78、体重69キロ
経歴 桐光学園高−横浜マリノス(現横浜F・マリノス)−レジーナ(イタリア)−セルティック(スコットランド)
A代表歴 2000年2月13日 シンガポール戦でA代表デビュー
日本代表72試合出場/18得点(2007年9月7日現在)
出場した主な世界大会 1997年ワールドユースマレーシア大会 ベスト8
2000年シドニー五輪 ベスト8
2000年レバノンアジアカップ 優勝
2004年中国アジアカップ 優勝
2006年ドイツW杯 グループリーグ敗退
2007年アジアカップ 4位
個人タイトル 1999年Jリーグ ベストイレブン
2000年Jリーグ 年間最優秀選手賞
2000年Jリーグ ベストイレブン
2000年レバノンアジアカップ ベストイレブン
2004年中国アジアカップ 最優秀選手賞
2004年中国アジアカップ ベストイレブン
2005年ドイツコンフェデレーションズカップ ベストイレブン
2007年スコットランフォプレミアリーグ 選手協会選出MVP、リーグ選出MVP、 記者協会選出MVP、ベストイレブン、最優秀ゴール


中村俊輔DVDバイオグラフィー 2002-2005
posted by モンチャン at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大山加奈が北京断念 !!

回復順調も「難しい」バレー全日本女子

バレーボール全日本女子の登録選手で、アテネ五輪代表の大山加奈(23)=東レ=が26日、故障の回復が遅れているため、今夏の北京五輪出場を断念する意向であることを明らかにした。
 大山加はこの日、都内のホテルで開かれた東レのV・プレミアリーグ優勝報告会に出席。産経新聞の取材に対し、「腰を痛めて入院してから半年がたち、やっとダッシュやジャンプができるようになった。順調に回復しているが、北京は難しいと思う」と説明。「来季のVリーグで復帰するのが目標。ロンドン五輪で頑張りたい」と語った。
 大型アタッカーとして期待され、東京・成徳学園高(現下北沢成徳高)在学中に全日本入りした大山加は、腰痛悪化のため、昨季のV・プレミアリーグをすべて欠場。出場権を獲得した世界最終予選のベンチ入りからも外れていた。日本協会では五輪本番の出場が可能なように、今季の全日本女子登録選手に大山を加えていた。

大山 加奈(おおやま かな)
OYAMA Kana
ニックネーム カナ、パワフル・カナ
血液型O型
コートネーム カナ
選手情報
出身 日本 東京都江戸川区
生年月日 1984年6月19日
ポジション WS
所属 プレミアリーグ・東レ・アローズ
身長 187cm
体重 84kg
指高 239cm
利き手 右
最高
到達点 スパイク 308cm
ブロック 289cm

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


posted by モンチャン at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

変化球の投げ方(フォーク)

いつでもコントロールできるようにする

ごくごく一般的な握りですが、人差し指と中指を大きく開いて、縫い目にかけないように握ります。フォーク.JPG親指は支える程度。ストレートと同じ腕の振りで指の間から抜く感じでリリースします。いつでもコントロールできないと実践では使えません。変化、高さ、コースともに甘くなると打ち頃の球になりやすです。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

posted by モンチャン at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。