スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道

スポンサーリンク

2008年06月09日

ボストン・セルティックスが連勝!!

07-08NBAファイナル 第二戦

レイカーズ102−108セルティックス

第3クォーターを終了した時点で、61-83とレイカーズをセルティックスが22点の大量リードを奪い楽勝ムードであったが、第4クォーターでレイカーズのコービー・ブライアントが爆発!!最大24点差あった点差を終了間際には1ゴール差の102-106にまで詰めた。しかし後一歩のところでセルティックスが逃げ切って連勝した。

Boxscore


世界で一人の、世界で一足。NIKEiD

posted by モンチャン at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

日本代表オマーンと引き分ける

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア3次予選で、世界ランキング38位の日本は同81位のオマーンと7日、マスカット(オマーン)のロイヤル・ポリス競技場で対戦した。
 前半12分、自陣で守りを固めてきたオマーンが立ち上がりにセットプレーから先制した。日本は猛暑の中、精力的な動きとすばやいパスまわしで相手の厳しい守備網を突破。両サイドバックも攻め上がって何度か好機を作ったが、相手GKの好守などにはばまれ、前半は同点ゴールを挙げるにはいたらなかった。

 日本は後半8分、遠藤がPKを決めて同点に追いついた。その後何度かゴールのチャンスを得たが、得点にいたらず、そのまま1−1で引き分けた。

 日本は通算2勝1分け1敗、勝ち点7で2位。オマーンは1勝1分け2敗、勝ち点4で3位。首位のバーレーンはタイと対戦。日本は14日のタイ戦(バンコク)で勝つか引き分ければ、バーレーン−オマーン戦の結果次第で2位以内が確定し、最終予選進出が決まる。

▽岡田監督 試合は支配できていたしチャンスもあったが、最後のところが決まらなかった。しかし、選手はこの暑さの中でよく頑張ってくれた。引き分けは仕方ない。

 (前半の失点は)あの1本くらいしかいいシュートがなかったがそれが決まってしまった。でも、それがサッカー。前半からチャンスがあったし、必ず点を取ってくれると思っていた。

中村俊輔


ジュニア 日本代表 コンフィットシャツ NO.4 闘莉王

ナイキが作る、自分デザインオリジナルシューズ。NIKEiD
posted by モンチャン at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

07-08NBAファイナル第1戦 ボストン・セルティックスが先勝!!

07-08シーズンNBAファイナル 第一戦

レイカーズ88−98セルティックス

前半を終えて一進一退の展開!
後半開始直後、セルティックスのポール・ピアースの4ポイントプレーで流れは一気にボストンへ、しかし見方選手との接触でピアースは右ひざを負傷、そのまま担がれてコートを後に、流れはレイカーズへと変わった。
そのままレイカーズが一気に引き離すかと思われたときピアースがスキップをしながらコートに帰ってきた。戻ってきたピアースは連続して3ポイントをきめ流れはまたもセルティックスへ、レイカーズのエースコービー・ブライアントの爆発はこの日は最後まで見られず、セルティックスがホームでの初戦を物にした。

Boxscore
http://www.nba.com/games/20080605/LALBOS/boxscore.html



100%自分カスタマイズのオーダーシューズ。NIKEiD



posted by モンチャン at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

中田氏&トルシエ FC琉球で再合体?

元日本代表MF中田英寿氏(31)が3日、元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏(53)が総監督を務めるJFLのFC琉球と千葉・柏市内で練習試合を行い、臨時コーチ就任を要請された。「JAPAN STARS」の一員として出場するエキシビションマッチ(7日、日産ス)に向けた調整試合での突然のオファー。02年W杯日韓大会をともに戦った2人が、再び手を結ぶ可能性が浮上した。

 W杯の激闘をともに戦った2人に、かつての緊張感はなかった。中田氏はトルシエ氏と豊かな表情で談笑した。「暇だったら遊びに来いと言われた」。02年W杯日韓大会敗退が決まったトルコ戦以来、6年ぶりの対面を中田氏は振り返ったが、トルシエ氏の意図は“遊び”だけではなかった。

 「1週間でいいから沖縄に来て、うちのチームで練習してくれと頼んだ。選手に良い刺激を与えられる存在だし、沖縄に(世間の目を)引きつけてくれる存在だから」とトルシエ氏。総監督を務めるFC琉球に刺激を与える“臨時コーチ”として来てほしいという意味も込めた要請だった。

 中田氏のプレーはそれほどよかった。練習試合は「JAPAN STARS」が前半にFC琉球、後半は柏ユースと対戦する変則マッチ。雨の中、両足でのピンポイントのサイドチェンジ、速いスルーパスに加え、トリッキーなヒールパスと華麗なプレーを連発。7日の本番に向けて「普段やれないような魅せるプレーをしたい」とプロ意識をにじませた。

 だが、トルシエ氏が引きつけられたのは、プレー以上に精神的な部分だった。「(以前は)個人プレーを追う傾向があり、私に反発している部分があったけど、今は違う。世界中を旅していろんな人に会い、オープンになった。それがうれしい」と目を細める。かつての教え子が見せた新たな一面に、強い感銘を受けた様子だった。

中田英寿


DVD HIDETOSHI NAKATA THE JOURNEY

DVD GRANDE NAKATA
posted by モンチャン at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天大勝、田中は6勝目 

○楽天11−4阪神●(3日、セ・パ交流戦)

 楽天が2ケタ得点で大勝した。一回に中島の2点適時二塁打で逆転すると、二回にリックの2点適時二塁打、三回には中島のソロで得点を重ね、阪神・下柳をKOした。田中は大量点に守られ6勝目。阪神も小刻みに得点したが、失点が大き過ぎた。下柳は制球が甘かった。

 ▽楽天・野村監督 阪神さまさま。お客さんはいっぱいにしてくれるし。毎日、阪神とやりたいね。中島のソロが大きかった。もう顔は覚えたよ。

 ▽阪神・岡田監督 すごいね、楽天。ボール球は振らないし、これだけ点を取られている訳やし。次は何とかせなアカン。

 ◇楽天・渡辺直、「足」で阪神を攻略

 1点先制された直後の一回1死一、二塁。初球だった。二塁走者だった楽天・渡辺直は自信を持ってスタートを切り、悠々と三塁を陥れた。フェルナンデスの遊ゴロの間に同点のホームを踏むと、二回にも脚力を披露する。2死から右前打で出塁すると、阪神・下柳のモーションを完全に盗みスチールに成功。追加点のきっかけを作った。

 渡辺直の「足」が相手に与えた影響は大きかった。一回に勝ち越し2点適時二塁打を放った中島は、「逆球だったのでは」と下柳の制球の狂いに首をかしげた。二回2死一、二塁では、リックの左中間に上がった飛球を金本と赤星が「お見合い」する思いがけないプレーも出た。果敢な走塁が、今季無傷の5勝をマークしていた下柳と、それを支えてきた阪神守備陣のリズムを乱したのは間違いない。

 「ビデオを見て、下柳さんのタイミングは分かっていた。あとは実際に確認するだけだった」と渡辺直。5月20日の中日戦では代走・塩川が二盗、三盗を決め勝利を手繰り寄せた。いまや「足」は、楽天の強力な武器になりつつある。

 「弱い者いじめはしないでね。頑張るのは巨人戦で」。試合開始前、阪神時代に指導した選手たちと上機嫌であいさつを交わしていた野村監督。かつての教え子たちに、現在率いるチームが確かな成長を続けていることを見せ付ける試合になった。

田中将大


田中将大 ヒーローのすべて
posted by モンチャン at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。