スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道

スポンサーリンク

2008年07月30日

守備は成長実感…前王者1点に抑えた

【日本0―1アルゼンチン】反町ジャパンの代名詞である堅守は、南米の雄に対しても十分に通用した。集中力を欠いた一瞬のスキを突かれて1失点はしたものの、最後まで完全に守備を崩された場面は皆無。DF森重は「思ったよりも通用した。結果的には負けたけど、守備はそんなに崩れなかった」と手応えを口にした。

 着実に進歩している実感がある。24日のオーストラリア戦では、DF吉田のパスミスから先制点を許してしまった。五輪アジア予選の12試合を4失点で切り抜けたように、守りこそが反町ジャパンの生命線。五輪切符を獲得したとはいえ、誰もが危機感を持っていた。

 それだけに、この試合を前にした静岡合宿では守備の確認に時間が費やされた。ミーティングでは過去の五輪のデータも引き合いに出し、開始15分での失点が多いことを確認。もう一度原点に戻り、守備の重要性を体にしみこませた。

 その成果は、確実に表れていた。安田がかわされて失点した以外は、DF4人が粘り強く対応し、欧州の一線でプレーする相手に一歩も譲らなかった。主将の水本も「守備はオーストラリアよりもよかった。あれで1点の重みも分かったはず」と振り返った。

 代表合宿から駆けつけた岡田監督も「守備はよく頑張ってたんじゃないか」と合格点を与えた。強豪相手でも恐れることはない。五輪本番に向けて、自信はさらに深まった。
posted by モンチャン at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

室伏今季世界3位

北京五輪の陸上男子ハンマー投げで2連覇を目指す室伏広治(ミズノ)が21日、愛知県豊田市の中京大陸上競技場で行われた「ハンマー投げチャレンジカップ」に出場し、3投目に81メートル87をマークして優勝した。今季の自己最高で世界ランキング3位の好記録。全6投中、ファウル1投を除きすべて80メートル以上の安定した内容で、五輪に向け順調な調整ぶりを示した。
 精密機械のようだった。有効の5投はいずれも80メートルラインを越えた地点へ。「最近、急ピッチで良くなっている。全体的に安定し、五輪に向けいい方向へ行っている」と確かな手応えを実感。4投目のファウルも本人は80メートル以上の距離が出ていたことを確認している。
 最大のライバルで昨年の世界選手権大阪大会を制したイワン・チホン(ベラルーシ)が9日に今季世界最高の84メートル51を投げ、一歩抜け出した。だが、現在7、8割の力で調整中の室伏も十分に対抗できる位置にいる。
 腰を2度痛め不安を抱えた五輪イヤー。6月末の日本選手権で力を見せると、わずかの期間でさらにレベルアップした。「結構一生懸命やっているのに動きに余裕があるように見えたはず。技術的にも昨年より随分といい」と自信を深め、2大会連続金メダルも現実味を帯びてきた。27日に再び同カップで調整する。
posted by モンチャン at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和、守備崩壊で惨敗

リーグ戦では約3カ月ぶりとなる高原の鮮やかな先制弾も、ぬか喜びだった。浦和の守備陣が崩壊し、ホームで3失点。鹿島に首位を明け渡し、スタンドからはエンゲルス監督に向けて汚いブーイングも飛び出した。
阿部と堀之内、細貝の守備的選手3人が累積警告で、この試合に出場停止。闘莉王がエンゲルス監督就任後、初めて本職のセンターバックに戻ったが、久しぶりの3バックは安定を欠いた。
 ただそれ以上に目についたのが、浦和らしからぬ集中力の欠如だ。
 後半21分の2失点目。高原のシュートがゴールラインぎりぎりではね返され、カウンターを浴びた。相手選手が手ではね返したように見え、それを浦和の選手が抗議した直後だった。「レフェリーに文句を言うより、切り替えなければならなかった」と指揮官。高原も「自分たちで苦しくするサッカーをしたのが敗因」と肩を落とす。
 エンゲルス監督が掲げる組織的なサッカーへの転換はまだ途上。ふとしたことで守備ラインが下がり、闘莉王ら「個」に頼る悪癖が顔を出す。
 それでも勝ち点を積み重ねられたのは、高い集中力を背景とする勝負強さがあってこそ。だが今はそれもかすんでいる。
 リーグ戦再開後は2勝3敗。「いい試合と悪い試合が安定しない」とエンゲルス監督。次節は首位・鹿島との“天王山”。不安はつきない。
posted by モンチャン at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

デーブ監督“星野より長嶋と王と戦いたい”

北京五輪の野球米国代表を率いる元巨人のデーブ・ジョンソン監督(50)が13日(日本時間14日)、日本のエースに警戒心を強めた。

 マイナー選手との「オールスター・フューチャーズ・ゲーム」が行われたヤンキースタジアム(ニューヨーク)の試合前だ。星野ジャパンについて「日本はとても強いと思う。日本のリーグはとても良い選手がいる。日本が第1シード(優勝候補)」と持ち上げた。日本とは予選リーグ最終戦(20日)で対戦。互いに勝ち進めば日本のエース、ダルビッシュとは準決勝(22日)、決勝(23日)のどちらかで当たる可能性は高く「ダルビッシュの成績は知っている。ビデオはまだ見ていないが、数字が多くのことを物語っている。願わくば彼がほかのチームに投げてくれることを祈っている」と警戒した。

 メジャー4球団の監督として通算1148勝の知将は「3、4人のスカウトを日本に派遣している。日本が最終的にどういった顔ぶれになるかを知りたい。(特に)左にいい打者が多い。構成を知りたい」と00年シドニー五輪以来の金メダルへ、日本を意識したチーム編成を行う考えを明かした。とはいえ、巨人で2年間プレー(75、76年)。04年アテネ五輪はオランダ代表監督、06年WBCは米国コーチとして五輪独特の雰囲気も、対日本代表も経験済みであるのは強みだ。「星野(監督)は日本のアイコン(象徴)。だが、長嶋と王と当たりたかった」と最後は不敵な笑みをつくった。

 ◆デーブ・ジョンソン 1943年1月30日、米フロリダ州生まれの65歳。62年にオリオールズ入団。メジャー通算13年で1435試合、136本塁打、609打点。75〜76年には長嶋茂雄監督率いる巨人でプレーした。メッツ(84〜90年)、レッズ(93〜95年)、オリオールズ(96、97年)、ドジャース(99、00年)とメジャー4球団で監督を経験。86年は世界一監督となった。04年アテネ五輪オランダ代表監督、06年WBCでは米国代表コーチを務めた。

 ≪3安打に封じられたマイナー軍団≫五輪米国代表候補は世界選抜が1イニングごとに交代した9投手の前に、わずか3安打に封じられた。5番手で1回無失点のインマン(パドレス2A)は「ヤンキースタジアムの雰囲気に圧倒された」と話した。メンバーはすべて今季メジャー経験がなく、マイナーの若手主体とあって本番への不安ものぞかせた。最終メンバー発表は16日(日本時間17日)。ジョンソン監督は「きょうのメンバーが多くなるが、あと2日話し合って決めたい」とベテラン選手を含め、数人の入れ替えを示唆した。
タグ:五輪野球
posted by モンチャン at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

北京五輪登録メンバーに森本、香川ら18名

日本サッカー協会は14日、都内のJFAハウスで会見を開き、8月の北京五輪に臨む男子サッカー代表登録メンバー18名を発表した。

 先日行われたU−23日本代表候補合宿から森本貴幸(カターニア/イタリア)、本田圭佑(VVV/オランダ)らが選ばれ、J2のため合宿に参加しなかった香川真司(C大阪)、けがで戦列を離れていた長友佑都(FC東京)もメンバー入りした。一方、五輪予選で主力として活躍した平山相太(FC東京)、水野晃樹(セルティック/スコットランド)、青山直晃(清水)らは外れた。

 反町康治監督はメンバー選考について「いろいろなことを総合して考えた。心・技・体の『心』を大切にして選んだつもり。予選で活躍してくれた選手を本大会に連れて行けず、つらい思いをしているが、北京で日本のサッカーを表現するためにこの18名を選んだ」と説明。また「目標はまずグループリーグを突破すること。これに全神経を集中してやっていきたい」と五輪への抱負を語った。

 3人まで許されている24歳以上のオーバーエージ(OA)枠は、遠藤保仁(G大阪)が体調不良で辞退したため使用せず、日本は23歳以下のメンバーで固めることになった。他国のOAではブラジルがロナウジーニョ(バルセロナ)、アルゼンチンはリケルメ(ボカ・ジュニアーズ)らを要請・招集している。

 U−23日本代表は7月24日にはホームズスタジアム神戸でU−23オーストラリア代表と、同29日には東京・国立競技場でU−23アルゼンチン代表と壮行試合を行う。五輪のグループリーグでは米国、ナイジェリア、オランダと同組で、8月7日に初戦の米国戦を迎える。
 北京五輪登録メンバーは以下の通り。

GK:
山本海人(清水)
西川周作(大分)

DF:
水本裕貴(京都)
長友佑都(FC東京)
森重真人(大分)
安田理大(G大阪)
内田篤人(鹿島)
吉田麻也(名古屋)

MF:
本田拓也(清水)
谷口博之(川崎)
梶山陽平(FC東京)
細貝萌(浦和)
本田圭佑(VVV/オランダ)
香川真司(C大阪)

FW:
豊田陽平(山形)
李忠成(柏)
岡崎慎司(清水)
森本貴幸(カターニア/イタリア)
posted by モンチャン at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。