スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 日本、1−0でバーレーン破る W杯3次予選

スポンサーリンク

2008年06月22日

日本、1−0でバーレーン破る W杯3次予選

サッカーの2010年W杯南アフリカ大会アジア3次予選は22日、各地で最終戦が行われ、すでに最終予選進出を決めている日本は埼玉スタジアムでバーレーンと対戦。1−0で勝利した。3次予選2組を4勝1分け1敗の勝ち点13の1位で終えた。

日本は、ボールを支配するも決定機を逃すプレーが続いたが、終了直前、DF内田のラッキーなゴールで勝利した。先発メンバーは、中村俊(セルティック)、中沢(横浜)が国際Aマッチ出場記録78試合目の出場。中田英の記録を抜いて歴代5位に浮上した。2トップには岡田監督が就任してから初めて招集された佐藤寿(広島)と玉田(名古屋)が先発、トップ下に入った本田圭(VVVフェンロ)はA代表初出場となった。

 国際サッカー連盟(FIFA)のランキングは日本の38位に対し、バーレーンは72位。

 アジア最終予選の組み合わせ抽選は、今月27日にクアラルンプールで行われる。最終予選は9月に開幕し、10チームが2組に分かれてリーグ戦を行い、それぞれ上位2チームが本大会の出場権獲得する。各組3位チームの勝者がオセオニアとの大陸間プレーオフに進む。

中村俊輔

posted by モンチャン at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。