スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 星野監督「ローテは4パターンある」

スポンサーリンク

2008年07月08日

星野監督「ローテは4パターンある」

オランダで開催されているハーレム国際大会を視察するため6日に当地入りした日本代表・星野仙一監督(61)は7日、視察を前に北京五輪の初戦で当たるキューバ戦の先発について言及。「ダルビッシュなら通用すると思う。でも、初戦から中5日だと(格下の)中国戦になる。一番大事な準決勝から逆算してローテーションを組む方法もある。4パターンを考えてる」とした。

 星野監督は「先発は4人考えている」と当初の先発5人制から4人制へ変更。今後は実際にキューバを見て戦力を徹底的に分析し、準決勝を最重要視するか、初戦を優先するか、エース・ダルビッシュを中心にローテーションを組む。そのキューバは大学生で編成された米国に敗れたが「今は勝つ采配ではなく、調整しながらなんだろう」と意に介さなかった。また、日本代表最終メンバー24人を17日に発表するとした。


posted by モンチャン at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。