スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 北京五輪登録メンバーに森本、香川ら18名

スポンサーリンク

2008年07月14日

北京五輪登録メンバーに森本、香川ら18名

日本サッカー協会は14日、都内のJFAハウスで会見を開き、8月の北京五輪に臨む男子サッカー代表登録メンバー18名を発表した。

 先日行われたU−23日本代表候補合宿から森本貴幸(カターニア/イタリア)、本田圭佑(VVV/オランダ)らが選ばれ、J2のため合宿に参加しなかった香川真司(C大阪)、けがで戦列を離れていた長友佑都(FC東京)もメンバー入りした。一方、五輪予選で主力として活躍した平山相太(FC東京)、水野晃樹(セルティック/スコットランド)、青山直晃(清水)らは外れた。

 反町康治監督はメンバー選考について「いろいろなことを総合して考えた。心・技・体の『心』を大切にして選んだつもり。予選で活躍してくれた選手を本大会に連れて行けず、つらい思いをしているが、北京で日本のサッカーを表現するためにこの18名を選んだ」と説明。また「目標はまずグループリーグを突破すること。これに全神経を集中してやっていきたい」と五輪への抱負を語った。

 3人まで許されている24歳以上のオーバーエージ(OA)枠は、遠藤保仁(G大阪)が体調不良で辞退したため使用せず、日本は23歳以下のメンバーで固めることになった。他国のOAではブラジルがロナウジーニョ(バルセロナ)、アルゼンチンはリケルメ(ボカ・ジュニアーズ)らを要請・招集している。

 U−23日本代表は7月24日にはホームズスタジアム神戸でU−23オーストラリア代表と、同29日には東京・国立競技場でU−23アルゼンチン代表と壮行試合を行う。五輪のグループリーグでは米国、ナイジェリア、オランダと同組で、8月7日に初戦の米国戦を迎える。
 北京五輪登録メンバーは以下の通り。

GK:
山本海人(清水)
西川周作(大分)

DF:
水本裕貴(京都)
長友佑都(FC東京)
森重真人(大分)
安田理大(G大阪)
内田篤人(鹿島)
吉田麻也(名古屋)

MF:
本田拓也(清水)
谷口博之(川崎)
梶山陽平(FC東京)
細貝萌(浦和)
本田圭佑(VVV/オランダ)
香川真司(C大阪)

FW:
豊田陽平(山形)
李忠成(柏)
岡崎慎司(清水)
森本貴幸(カターニア/イタリア)
posted by モンチャン at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。