スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 桑田氏が清原の打撃投手

スポンサーリンク

2008年07月30日

桑田氏が清原の打撃投手

左ひざ軟骨移植手術から復帰し、1軍昇格を目前にしたオリックスの清原和博内野手が29日、スカイマークスタジアムで打撃練習を行い、大阪・PL学園高時代から「KKコンビ」として知られ、3月に現役を退いた桑田真澄氏が打撃投手を務めた。
 「1軍に上がる前に桑田の球を打ちたい」という清原のかねてからの希望が実現した。米大リーグ・パイレーツのユニホームに身を包んだ桑田氏の球を真剣な表情で打ち、31スイングで柵越えも1本。「もう怖いものはない。生涯で最高の練習だった」と充実した表情を浮かべた。桑田氏はこの日のために体を仕上げてきたそうで、「プロとして最高の球を彼に投げられたのは、死ぬまでの思い出になる。最後に(1軍戦で)彼らしい本塁打を1本見たい」とエールを送った。
 2人が投手と打者で対したのは、1994年の日本シリーズ(西武−巨人)以来。過去の球宴と日本シリーズでは、清原が20打数8安打4本塁打の好結果を残した。清原は31日の全体練習から1軍に合流し、早ければ8月3日のソフトバンク戦(京セラドーム)に出場する。
posted by モンチャン at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。