スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 変化球の投げ方(カットボール)

スポンサーリンク

2008年05月26日

変化球の投げ方(カットボール)

マスターできたら最強の武器になる

カットボール.JPG

まずストレートとまったく同じように握り、人差し指と中指を指半分だけ右にずらしてやります。親指はそのままで、ずらした人差し指が、ボールの中心にくるようにします。特にひねったりねじったりする必要はなく、ストレートを投げるのと同じ感覚で投げてやれば、スピードが10キロも変わりませんから、バッターもそのつもりでスイングしてきます。スイング軌道に入ったところでボール1〜1個半急激にスライドして芯をはずしてやるイメージです。ただし、大きく曲がりすぎると効力がないボールなので、それを避けるためリリースの際に最後の手首の返しをできるだけ遅く、こらえて打者よりで放してやるのです。変化球の中でも一番難しい部類に入りますが、この感覚をマスターできたらものすごいカットになるはずです。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
posted by モンチャン at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。