スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 松坂故障か、突然の降板 イチローとの今季初対決は2打数2安打

スポンサーリンク

2008年05月28日

松坂故障か、突然の降板 イチローとの今季初対決は2打数2安打

米大リーグ・レッドソックスの松坂大輔は27日、イチローのマリナーズ戦に先発し5回のマウンドに上がったところで突如マウンドを降りた。3回にベースカバーの際、飛びついて送球を取ろうとした場面もあり、なんらかのトラブルが起きたとみられる。
今季初となるイチローとの対戦はイチローが二塁打と単打を放ち2打数2安打で、松坂はイチローの3打席目の直前で無念の降板となった。
 今季無傷の8連勝でマウンドに上がった松坂は一回裏、一番打者として登場したイチローに対し初球、2球目と外角の速球で勝負。2ストライクと追い込んだが、同じ外角の速球で勝負にいった3球目をイチローが三塁線を抜く見事な流し打ちで二塁打とした。松坂は、この回2安打で2点を失う。
 イチローは三回も先頭打者で打席に立ち、2球目のスライダーをセンター前へ鋭く運び出塁。すかさず今季22個目となる2盗を決めて松坂を揺さぶると、その後のエラーと内野ゴロの間にホームを踏み、3−0とリードを奪った。
 松坂は四回まで被安打4、3失点、無四死球だった。

松坂大輔(まつざか・だいすけ)
所属 ボストン・レッドソックス(アメリカンリーグ東地区)
ポジション・背番号 投手
生年月日、年齢、年数 1980年9月13日、28歳=2年目
出身 東京
身長・体重・投打、血液型 1m82・85kg、右右、O
経歴 横浜−西武
ドラフト 98年(1)
甲子園出場 98年春、夏優勝
アマ時代の戦歴 初の春夏甲子園連覇で国体Vの3冠。夏は決勝でノーヒットノーラン
個人タイトル 99年新人王、03,04年最優秀防御率、99〜01年最多勝利、00,01,03,05年最多奪三振、99〜01年ベストナイン、99〜01、03〜06年ゴールデングラブ賞、01年沢村賞
入団時の契約金と年俸 10000、1300
今季の年棒 6年総額6400万ドル(約74億8800万円)で、今季は年俸600万ドル(約7億円)

イチロー

Sony Card(ソニーファイナンス)
posted by モンチャン at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。