スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 日本代表オマーンと引き分ける

スポンサーリンク

2008年06月08日

日本代表オマーンと引き分ける

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア3次予選で、世界ランキング38位の日本は同81位のオマーンと7日、マスカット(オマーン)のロイヤル・ポリス競技場で対戦した。
 前半12分、自陣で守りを固めてきたオマーンが立ち上がりにセットプレーから先制した。日本は猛暑の中、精力的な動きとすばやいパスまわしで相手の厳しい守備網を突破。両サイドバックも攻め上がって何度か好機を作ったが、相手GKの好守などにはばまれ、前半は同点ゴールを挙げるにはいたらなかった。

 日本は後半8分、遠藤がPKを決めて同点に追いついた。その後何度かゴールのチャンスを得たが、得点にいたらず、そのまま1−1で引き分けた。

 日本は通算2勝1分け1敗、勝ち点7で2位。オマーンは1勝1分け2敗、勝ち点4で3位。首位のバーレーンはタイと対戦。日本は14日のタイ戦(バンコク)で勝つか引き分ければ、バーレーン−オマーン戦の結果次第で2位以内が確定し、最終予選進出が決まる。

▽岡田監督 試合は支配できていたしチャンスもあったが、最後のところが決まらなかった。しかし、選手はこの暑さの中でよく頑張ってくれた。引き分けは仕方ない。

 (前半の失点は)あの1本くらいしかいいシュートがなかったがそれが決まってしまった。でも、それがサッカー。前半からチャンスがあったし、必ず点を取ってくれると思っていた。

中村俊輔


ジュニア 日本代表 コンフィットシャツ NO.4 闘莉王

ナイキが作る、自分デザインオリジナルシューズ。NIKEiD
posted by モンチャン at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99782631

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。