スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 宇佐美 大輔

スポンサーリンク

2008年05月01日

宇佐美 大輔

宇佐美 大輔(うさみ・だいすけ)
国籍 日本
生年月日 1979年3月29日
ポジション S
所属 パナソニック・パンサーズ
身長 184cm
体重 84kg
指高 238cm
利き手 右
最高
到達点 スパイク 335cm
ブロック 325cm

履歴
小学校時代はミニバスケットボールをしていた。当時から身体能力が高く、5年生ながらレギュラーに定着していた。同じチームの1つ上の学年にはトヨタ アルバルク所属の半田圭史がいた。

高校時代まではアタッカーをしていたが、大学時代から本格的にセッターを始める。パス力とトスワークに定評があり、ジャンプサーブが得意である。身長184cmと歴代の全日本セッターの中でも長身で、バレーセンスの良さから全日本の司令塔として期待されていた。しかし、練習中の怪我が多く、社会人になってからの国際大会の出場は少ない。

ジャンプ力があり、100cm跳ぶことが出来る。そのためVリーグのブロックランキングにて割と良い成績を残している。

19番応援Tシャツ(バレーボール)
posted by モンチャン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。