スポーツ総合情報サイト ロンドンへの道: 山本 隆弘

スポンサーリンク

2008年05月01日

山本 隆弘

山本 隆弘(やまもと・たかひろ)
愛称 世界が認めたニッポンの大砲[1]
国籍 日本
生年月日 1978年7月12日
ポジション スーパーエース
所属 パナソニック・パンサーズ
身長 200cm
体重 90kg
利き手 左
最高
到達点 スパイク 345cm
ブロック 331cm

履歴
身長201cm、ポジションはスーパーエース。長身の左利きプレイヤーとして日本の将来を携える選手と、2000年に当時の監督だった田中幹保によって全日本に選出された。 サウスポーゆえの逆回転ジャンプサーブを武器としている。しかし、スーパーエースとしては終盤の重要な場面のミス、弱気なプレーが多く、ガラスのエースとまで揶揄されていた。

2003年のワールドカップではベストスコアラーとMVPを獲得し、アテネオリンピック最終予選でも日本の期待を背負っていたが、不振にあえぎ、途中で加藤陽一と交代する場面が多かった。

監督が植田辰哉に代わると、戦術上の問題(スーパーエースを置かず、サーブレシーブをさせる戦術)により2年ほど全日本には招集されなかったが、2006年の世界選手権代表候補の中に選ばれ、スーパーエースとして試合終盤の驚異的なスパイク決定率などでベスト8入りの大きな原動力になった。

2007年のワールドカップでは、腰のケガが完治しておらず清水邦広にスタメンを明け渡す場面があり、途中からのワンポイントブロッカーでの起用が多くなった。スタメンで出た試合で大活躍し結果を残した。

19番応援Tシャツ(バレーボール)
タグ:山本 隆弘
posted by モンチャン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99976197

この記事へのトラックバック
アフィリエイトならリンクシェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。